メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

「AI時代における社労士事務所生き残り戦略講座」のご案内 Event/Seminar

「助成金のビジネスモデル徹底研究講座」のご案内

「助成金のビジネスモデル徹底研究講座」のご案内

メイン講師 協会経堂代表 萩原京二氏よりメッセージ

受講対象となる方

 以下に該当する専門家の方には必見の内容です!

 □ 助成金業務を知りたい方(新人〜)

 □ 助成金業務をはじめたい方(新人〜中堅)

 □ 助成金業務の取り組み方を見直したい方(中堅〜ベテラン)
  ・・・etc
  ※
今年度合格者から新人・中堅・ベテランまで役立つ内容です。

「助成金のビジネスモデル徹底研究講座」

 第1部 助成金のビジネスモデル徹底研究講座
 助成金ビジネス20年の歴史を振り返り、これからの
 助成金ビジネスの”在り方”について考える


 □ 助成金ビジネス20年の歴史を振り返る
  ・助成金ビジネスの歴史
  ・萩原京二の助成金物語
  ・松崎直己の助成金物語
  ・助成金バブル時代の負の遺産
  ・助成金ビジネスの問題点(1)
  ・助成金ビジネスの問題点(2)
  ・助成金ビジネスの問題点(3)
  ・助成金を●●●●で提案できた理由
  ・ビジネス環境の変化
  ・●●を導入するとは
  ・●●●●チェックの厳格化
  ・●●●の対応
  ・社労士会の対応

 □ 現在(H30年度)の助成金ビジネス
  ・平成30年度 助成金制度変更3つのポイント
  ・助成金ビジネスから撤退する●●●が急増中
  ・助成金ビジネスに取り組むべき理由
  ・助成金ビジネスの●●●を変える

 □サービス内容と契約形態の組み合わせから導き出された
  助成金ビジネスモデル8類型(7パターン+1)
  ・助成金を受給するまでの流れ
  ・助成金ビジネスは”3つのモジュール”に分解して考える
  ・助成金のビジネスモデル7パターン
  ・助成金のビジネスモデル8類型
  ・各ビジネスモデルのメリット、デメリットを徹底検証
  
 □ これからの”助成金ビジネスのあり方”
  ・●●●●に合わせたビジネスモデル
  ・●●型の助成金ビジネスとは
  ・顧客への提案方法
  ・これまでの助成金ビジネス
  ・これからの助成金ビジネス
  ・顧客に伝えるべきメッセージ
  ・社労士にとっての助成金ビジネスの位置づけ

 □ 助成金受給環境整備とは
  ・法定帳簿の相互関係図
  ・受給環境の整備
  ・残業代が正しく支払われているか
  ・社会保険に適正に加入しているか
  ・就業規則の整備
  ・最新の法令への対応
  ・制度を導入するとは
  ・本当の意味での受給環境整備とは

 □助成金顧問契約とは
  ・助成金ビジネスの”2つのスタイル”
  ・顧客対象とビジネスモデル
  ・助成金顧問契約とは
  ・「お金を追わない」助成金ビジネス
  ・ライバル事務所と差別化を図る一番簡単な方法
  
 第2部『助成金顧問獲得実践塾(第7期生)』募集の説明会
 情報提供型の助成金サービスで顧問契約を獲得する方法


 □ 助成金顧問獲得実践塾とは?

 □ 2日間の集中講座の内容

 □ 6ヵ月間の「助成金実務研究会」のテーマ

 □ 受講者特典

 □ 助成金情報配信システムのご紹介

 □ 見込客を顧客に変える仕組み

 □ 受講者からのメッセージ紹介

予定時間は進行状況により前後致します。
当日の講座内容について変更される場合があります。予めご了承下さい。

開催日時

 □ 11月度開催(12月度も同じ内容です)
   2018年11月30日(金)13:30〜17:00(受付13:10)

 □ 12月度開催(11月度も同じ内容です)
   2018年12月07日(金)13:30〜17:00(受付13:10)


開催会場

 □KACHIEL(カチエル)セミナールーム
   〒108-0074東京都港区高輪3丁目25-23 京急第2ビル6階
   品川駅 高輪口より徒歩3分


定 員

 □ 各20名(先着順)


受講料

 ●社会保険労務士(開業・勤務・有資格者・合格者)
 □ 一 般 1名 5,000円(税込)

 ●助成金情報会員制度
 □ 会 員 1名 3,000円(税込)
 
 ●第6期助成金実務研究会(実践塾塾生) 
 □ 塾 生 1名 無料ご招待
 

第1部 メイン講師【萩原京二】

萩原京二助成金受給環境整備アドバイザー協会共同代表
社会保険労務士 株式会社全就連
代表取締役 萩原京二

座右の銘
変化はコントロールすることができない。
できるのは、変化の先頭に立つことだけである!
  (P.F.ドラッカー)

1963年8月16日、東京都新宿区神楽坂生まれ。 早稲田大学法学部卒。東洋大学大学院博士前期課程修了 (株)東芝、ソニー生命保険(株)勤務を経て、 1998年社会保険労務士として独立。

常に時代の先を読む予測力と、独創的なアイデアを具体的なカタチに落とし込む論理的な思考力で、業界初のビジネスモデルを構築することを得意とする。

日本初の退職金コンサルタントとして、2004年から2008年の5年間で全国300社超の中小企業の制度改定を支援する。そのノウハウを体系化して、社会保険労務士の全国ネットワーク「退職金制度の改革実行研究会」を主宰。その活動はマスコミからも注目され、フジテレビ『とくダネ』、日本テレビ『ザ・ワイド』にコメンテーターとして出演する。新聞・雑誌などのマスコミからの取材実績も多数。

その後、プロ研修講師として社会人教育の分野で活動。思考法や速読法などの情報処理技術を伝えるインストラクターとして年間50回以上のセミナーを開催。延べ2000人以上のビジネスパーソンの指導をする。ビジュアル思考技術をテーマに執筆した『マインドマップ資格試験勉強法』(ディスカヴァー)は5万部を超えるベストセラーになる。

2011年より『経営に役立つ人事コンサルティング』をテーマに、社会保険料適正化ビジネスに取り組む。年収をまったく変えずに社会保険料だけを節減する手法(社員1人あたり年間約3万円、役員1人あたり年間約100万円)を独自に開発。日本で初めて『社会保険料節減機能付き給与計算サービス』の商品化に成功する。

また、2012年からは中小企業の経営支援を行う専門家(社労士、税理士、コンサルタントなど)向けに『社会保険料適正化コンサルタント養成講座』を開催。講座受講者とのコミュニティ『全国社会保険料適正化ネットワーク』を組織して、社会保険料適正化ビジネスの普及活動を精力的に行っている。


サブ講師 協会共同代表【松崎直己】

松崎直己助成金受給環境整備アドバイザー協会共同代表
三徳経営財務人事研究所グループ代表
株式会社ヒューマンバリューアソシエイツ
代表取締役 松崎 直己(社会保険労務士)
社労士開業登録:平成12年11月

2000年に29歳で開業して以来、中小零細企業から大手企業まで幅広く顧問業務・コンサルティング業務を経験

「財務貢献人事」と 「いい会社づくり経営」を中小企業支援コンセプトとして、人事コンサルティングの実務経験と社会保険労務士の法律的知識を活かし役員報酬最適化コンサルティングと財務人事コンサルティングを全国で展開。

講師としても人事・人材育成分野から経営マネジメント分野まで幅広く対応し「人材・組織・経営・業績向上」などのコンテンツを得意としている。こちらも上場企業・私立大学・法人会、金融機関、東京都の公的機関など様々な業種・業態・規模に対応した講師をつとめ好評を得ている。

執筆活動も精力的にこなし「1000万円得する年金の本」(共著)、「はじめての総務の仕事」(共著・監修)、 「明日からの生活対応マニュアル」すばる舎(監修)を出版している。日本経済新聞、日経産業新聞、産経新聞、フジサンケイビジネスアイ、日経ビジネス、日経ベンチャー、経営者会報、人事マネジメント、技術評論社などメディアからの取材も多く、いま注目の現場実践型のコンサルタントである。

お問い合せ先

<受付時間> 平日10:00〜17:00  TEL : 03-3367-7638 
株式会社ヒューマンバリューアソシエイツ(代表:松崎)


留意事項

(講座の録音・録画について)
講座の録音・撮影・講義中の携帯電話やパソコンなどの端末のご使用などはご遠慮下さい。主催者側にて録画・録音をする場合がございます。

(講座の内容・開催について)
タイトル・内容・日時・会場などは、やむを得ない事情により予告なく変更させていただく場合がございます。主催者・講師などの諸事情により開催を中止させていただく場合がございます。 

(キャンセルについて)
受講料は、欠席を含むいかなる理由でも返金できません。ご了承下さい。


エントリーフォーム Entry Form

下記フォームに必要事項をご入力ください。
「送信内容確認」ボタンをクリックすると送信確認画面を表示します。
は必須項目です。

お申込み
項 目
一 般 社会保険労務士
「助成金のビジネスモデル徹底研究講座」
11月30日(金) 一般:5,000円(税込)
12月07日(金) 一般:5,000円(税込)
会 員 助成金情報会員
「助成金のビジネスモデル徹底研究講座」
11月30日(金)会員:3,000円(税込)
12月07日(金)会員:3,000円(税込)
塾生 -第6期-助成金顧問獲得実践塾
「助成金のビジネスモデル徹底研究講座」
11月30日(金)塾生:無料ご招待
12月07日(金)塾生:無料ご招待
支払方法 銀行振込(事前振込)
事務所名
業 種
社員数
 部署名
お申込み
責任者役職

お申込み
責任者氏名

フルネームでお願いいたします。
受講者1
役職名

お申し込み責任者とご受講者が同一の場合は、
「同上」とご記入下さい。
受講者1
お名前

お申し込み責任者とご受講者が同一の場合は、
「同上」とご記入下さい。
受講者2
役職名
受講者2
お名前

フルネームでお願いいたします。
郵便番号
都道府県
会社住所
市区町村・番地までお願いいたします。
電話番号 (半角数字)
FAX番号 (半角数字)
メール 
アドレス
(半角数字)
メール 
アドレス
(半角数字)
※確認用
お申込みの
きっかけ
当協会メルマガ
フェイスブック経由(Facebook)
深石社労士紹介
萩原社労士メルマガ
松崎社労士メルマガ
メールDM・メール広告
検索エンジン「ヤフー」
検索エンジン「グーグル」
その他
お問合せ
内 容
振込名義をカタカナでご記入下さい。
ページトップ
ページの終了