メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

平成30年度版「最新!使える助成金実務セミナー」のご案内 Event/Seminar

平成30年度版「最新!使える助成金実務セミナー」のご案内

令和元年版「最新!使える助成金実務セミナー」のご案内

令和元年度に使える雇用助成金について社会保険労務士業界の助成金の第一人者である深石圭介先生に解説いただきます。
助成金情報は絶えず変化をしていきますので、最新情報をこのセミナーで得ていただき、現場のお仕事に活かしていただきたいと思います。
下記の講座は、助成金情報会員であれば全国どこでもご覧いただけます。
⇒助成金情報会員のご案内はこちら

対象となる専門家の方【社会保険労務士・税理士の先生】

 以下に該当する専門家の方には必見の内容です!
 □助成金の最新情報を知りたい
 □今年度使える助成金は何か知りたい
 □助成金に関心がある
 ・・・etc

講座内容

令和元年度の雇用助成金の改正ポイント
□ 雇用関係助成金の範囲、補助金との兼ね合い
□ 雇用関係助成金は全体にどのような改正内容か?
□ 話題の不正対策、生産性要件について
□ 助成金横断の要件、認定制度、ジョブ・カードなど


どういう助成金があるか?注目の使える助成金とその実務ポイント
□ 教育関連助成金:人開金訓練コースと、それ以外の潮流があります。
 ・人材開発支援助成金: 要件やや厳格化。カリキュラムがあれば受給可能が多い
  OJT+OFF‐JTまたはOFF‐JTのみの訓練にかかる助成金
  特定訓練コース:ある条件で雇用する労働者向け訓練
   認定実習併用職業訓練:新入社員向けのOJT付き訓練
   特定分野認定実習併用職業訓練:建設業・製造業・IT向けのOJT付き訓練
   中高年齢者雇用型訓練:中高齢者のOJT付き訓練
   労働生産性向上訓練:職能センターや、専門実践教育型訓練等の訓練 
   熟練技能育成・承継訓練:熟練技能者の指導力強化、技能承継の訓練
   若年人材育成訓練:採用5年以内、35歳未満の方の教育訓練
   グローバル人材育成訓練:海外関連業務に従事する人材育成のための訓練
  一般訓練コース:特定訓練コースに当てはまらない訓練に対する助成金
  教育訓練休暇制度コース:教育・研修のための休暇制度を作った場合
  特別育成訓練コース:非正規社員のOJT付き訓練
  建設労働者認定訓練コース
  :建設関連で“学校”を作った場合の助成金。都道府県とセット。
  建設労働者技能実習コース:建設関連の教育助成金
  障害者職業能力開発コース:障害者の教育助成金。  
 ・求職者支援制度(認定職業訓練実施奨励金)
  :職業訓練学校の役割をする事業所向け
 ・人材確保等支援助成金 雇用管理制度助成コース 研修体系制度の導入
  :定額の幅広い研修助成金
 ・雇用調整助成金:休業した上の教育訓練に上乗せされます。
 ・労働移動支援助成金 早期雇入れ支援コース
  :再就職の労働者の教育が入っています。

□採用・起業の助成金:社員を採用、定着させた際、また起業の助成金です。  
 ・中途採用等支援助成金:中高年等の雇用、もしくは起業に出る助成金
  中途採用拡大コース
  :中途採用者の雇用管理制度整備、採用拡大の助成金
  UIJターンコース(新設)
:東京圏の方を地方で採用した方のするための採用の助成金です。内閣府の地方創生推進交付金を活用して、地方公共団体が実施する移住支援制度を利用して、UIJターンをした者を採用した事業主に対し、厚生労働省もその採用活動に要した経費の一部を助成するというものです。
  生涯現役起業支援コース:40歳以上の起業で雇用の創出経費を補助します。
 ・トライアル雇用助成金
   :試用期間の賃金の一部を補助します。ハローワーク経由原則。
   一般トライアルコース:試用期間の賃金の一部を補助します
   障害者トライアルコース:障害者が正社員にステップアップするための助成金
   若年・女性建設労働者トライアルコース
  :建設業で若者・女性のトライアル上乗せの助成金

□雇用調整関連の助成金
 ・雇用調整助成金
  :会社の規模にかかわらず、休業・教育訓練に伴う手当補助の助成金。
 ・労働移動支援助成金:不況時に従業員を円滑に再就職させるための助成金。
  再就職支援コース:再就職支援のため労働者を「出す」ための助成金。
  早期雇入れ支援コース:再就職労働者を「受け入れる」ための助成金。

□正社員になるための助成金:非正規労働者の方のための助成金です。
 ・キャリアアップ助成金
  :パートタイマー、契約社員→正社員のための助成金
  正社員化コース:有期契約労働者を、正規雇用等に転換した場合に助成
  賃金規定等改定コース
  :有期契約労働者の基本給等を改定し、増額させた場合に助成
  健康診断制度コース:有期契約労働者を対象に健康診断を実施した場合に助成
  賃金規定等共通化コース:非正規と正社員の共通の賃金規定等の新製に助成
  短時間労働者の労働時間延長コース
  :短時間労働者の労働時間を延長した場合に助成。
  選択的適用拡大導入時処遇改善コース
  :新たな社会保険加入者の賃金増額の助成金
  諸手当制度共通化コース
  :正社員、非正規社員共通の手当制度を作った場合の助成金。

□育児関連助成金 :育休取得、職場復帰の促進はじめ女性のための助成金も含まれます。
 ・両立支援等助成金:育児・介護等の仕事との両立を支援する助成金
  育児休業等支援コース:中小企業の育休復帰、代替要員確保のための助成金
  女性活躍加速化コース:女性の地位を高める目標達成の助成金
  出生時両立支援コース:男性従業員の育児休業のための助成金
  介護離職防止支援コース:介護離職の危機に立つ対象者が出た場合の助成金
  再雇用評価処遇コース
   :介護や育児等で長期間を職を離れた方の再雇用の助成金。
 ・企業主導型保育事業:主に会社内に託児施設を建設した場合の助成金

□高齢者関連助成金 :高齢者の方のための定年延長、雇用のための助成金です。
 ・特定求職者雇用開発助成金
  :母子家庭、被災者等、雇用の困難な方のための助成金
  特定就職困難者コース
  :主に高齢・父子・母子家庭の方を雇った場合の助成金
  生涯現役コース:65歳以上の方の雇入れに対して助成されます。
  生活保護受給者等雇用開発コース
  :当局の連携による生活保護受給者雇用の助成金。
  被災者雇用開発コース:東日本大震災の被災者を雇用した場合の助成金
  安定雇用実現コース:就職氷河期の方の助成金。改称しました。
  発達障害者・難治性疾患患者雇用開発コース:より特化した障害者の助成金
  障害者初回雇用コース:障害者雇用経験のない企業向け
 ・65 歳超雇用推進助成金:高年齢者(50歳以降)の福利のための助成金
  65歳超継続雇用促進コース
  :65 歳以降の継続雇用延長や定年年齢の引上げの助成金。
  高年齢者雇用環境整備支援コース:高年齢者の職域拡大・設備投資の助成金
  高年齢者無期雇用転換コース:50歳以上の非正規⇒正社員の昇格に助成

□障害者関連助成金 : 障害者の方の雇用、福利のための助成金
 ・トライアル雇用助成金 障害者トライアルコース
  :障害者が正社員になるための助成金。
 ・特定求職者雇用開発助成金
  発達障害者・難治性疾患患者雇用開発コース:特化した障害者の助成金。
  障害者初回雇用コース:障害者雇用経験のない企業向けです。
 ・障害者雇用安定助成金
  障害者職場定着支援コース
 ・柔軟な休暇取得・時間管理  ・短時間労働者の勤務時間指定
 ・雇用形態の転換       ・職場支援員の配置
 ・社内理解の促進       ・職場復帰の支援
 ・中高年障害者の雇用継続支援 
  障害者職場適応援助コース
 ・人材開発支援助成金 障害者職業能力開発コース
  :障害者の方の教育訓練の助成金
 ・障害者雇用納付金制度に基づく各種助成金:設置に関するものなど5種類。
 ・職場適応訓練費
  :委託型の教育訓練助成金、障害者の方の教育にいい場合があります。

□時短・健康のための助成金
  : 時短の設備投資、制度整備、ストレスチェックの助成金です。

 ・時間外労働等改善助成金:働き方改革の花形、時短の助成金
  職場意識改善コース:有給促進・残業削減の実現のための助成金
  テレワークコース:ワーク・ライフ・バランスのためのテレワーク導入助成金
  時間外労働上限設定コース:36協定の特別条項に関わる時短コース
  勤務間インターバル導入コース:退勤⇒出勤の間のインターバルの助成金
  団体推進コース:中小企業の事業主団体で、傘下企業の時間外労働の上限規制への対応に向けた取組に要した費用を助成。
  ・受動喫煙防止対策助成金:喫煙室設置費用に関する助成金
  ・労働者健康安全機構の助成金:ストレスチェックに関する助成金
  ストレスチェック実施促進助成金
  :50人未満の事業所がストレスチェックを行うため。
  職場環境改善計画助成金
  :ストレスチェックで職場環境改善を図った場合の助成金。
  小規模事業場産業医活動助成金:産業医が具体的な活動をした場合の助成金
  心の健康づくり計画助成金:メンタル対策をした場合の助成金

□建設関連の助成金
  人材開発支援助成金 
  建設労働者認定訓練コース:認定職業訓練を行う団体は行わせた事業主の助成
  建設労働者技能実習コース
  :建設労働者に技能実習を受講させるための助成
  人材確保等支援助成金
   雇用管理制度助成コース(建設分野)
  :雇用管理制度助成のほか、登録基幹技能者の賃金アップのための助成。
  若年者及び女性に魅力ある職場づくり事業コース(建設分野)
  :若者、女性の定着等のための助成です。
  作業員宿舎等設置助成コース
  :被災三県の建設工事現場の作業員宿舎等の助成。
  若年者及び女性に魅力ある職場づくり事業コース(建設分野)
  :若者、女性のための助成金です
  トライアル雇用助成金
  若年・女性労働者向けトライアル雇用助成コース
  :若者、女性のトライアル雇用助成。  

□雇用管理制度・介護事業関連の助成金:
 ・人材確保等支援助成金
  雇用管理制度助成コース:雇用管理改善の制度とその成果の助成金
  評価処遇、研修、健康づくり、メンター、短時間正社員(保育事業主のみ)
  介護福祉機器助成コース
  :介護事業所が、機器の導入で効果があった場合の助成金。
  介護・保育労働者雇用管理制度助成コース
  :保育・介護労働者の定着促進の助成金。
  人事評価改善等助成金コース
  :人事評価制度で生産性向上、賃金アップ等の助成金。 
  若年者及び女性に魅力ある職場づくり事業コース (建設分野)
  :女性・若年向け。
  作業員宿舎等設置助成コース(建設分野):東北3県の宿舎設置等の助成金
  設備改善等支援コース
  :労働生産性向上、賃金アップ等のための設備等への投資を行う助成です。
  中小企業団体助成コース:協同組合の傘下事業所への雇用管理のための助成金
  働き方改革支援コース(新設)
働き方改革の人材を確保することが必要な中小企業事業主が、新たに労働者を雇い入れ、一定の雇用管理改善を達成した場合に助成。時間外労働改善助成金の上乗せとして支給されます。助成金自体の支給申請は雇用から1年後。 1人あたり60万円短時間は40万円。10人まで。生産性要件は15万円追加
 ・人材開発支援助成金 教育訓練休暇制度コース:教育のための休暇制度の助成金
 ・業務改善助成金:賃金を上げる設備投資の助成金

□ 地方限定の雇用関連助成金
 
・地域雇用開発助成金:一定の地域の事業所の設置又は整備、創業の助成金。
  地域雇用開発コース:地域で雇用機会を創出し、雇用の維持に対して助成
  沖縄若年者雇用促進コース
  :沖縄県で、若年求職者を雇い入れる事業主に助成。
 ・通年雇用助成金:季節的業務に就く方を通年雇用した場合の助成金

□まとめ
昨年度同様、「1億総活躍社会」「同一労働同一賃金」「働き方改革」の政策は続き、助成金自体は多様な雇用形態、働き方、雇用管理など、柔軟性のある制度導入の「制度の助成金」の潮流も衰えないようです。

新規の助成金は2つ。廃止は3つ。既存のものも、要件や実務はより厳しい状況は続き、要件の緩和は少なく、現場の判断も含めて添付書類も増加します。昨年度と変わらずまずは保守的な改正です。現実の申請・審査内容は政策を色濃く反映した、労務管理の本質を突く方向に厳しく、働き方改革が行われているか、ということも反映されます。 

一方連座制として、助成金の不正にかかって、会社の事業主のみならず、社労士や研修会社などの責任も問われることになります。それに伴って、「不正をしませんよ」という助成金の横断的書面が改正されることになります。また、ジョブ・カードの助成金関連のコンサルティングも、民営化されます。


雇用助成金の最新情報については、随時変わっていくことが予想されるためため、当日のセミナー内容について変更される場合がありますので、予めご了承下さい。


開催日時

 2019年05月22日(水)10:30〜15:30(受付10:00)
 ※同日16:00〜助成金のビジネスモデル徹底研究講座【実践編】があります。

 

開催会場

 会場変更いたしました。 
 □KACHIEL(カチエル)セミナールーム01
  〒108-0074東京都港区高輪3丁目25-23 京急第2ビル6階
  品川駅 高輪口より徒歩3分


定 員

 □ 30名 ※残席2


受講料

 □ 一般 1名 10,000円(税別)
 夕方の部と併せて1日講座コースでご受講いただくとお得です。
  本講座10,000円+夕方の部10,000円=1日講座コース:15,000円(税別)
  夕方の部:「助成金のビジネスモデル徹底研究講座【実践編】」

 □ 会員 1名 無料ご招待(助成金情報会員)
 夕方の部と併せて1日講座コースでご受講いただくこともできます。
  本講座 無料+夕方10,800円=1日講座コース:7,500円(税別)
  夕方の部:「助成金のビジネスモデル徹底研究講座【実践編】」

 □ 塾生 1名 無料ご招待(継続第7期:助成金顧問獲得実践塾)
  夕方の部:「助成金ビジネスモデル徹底研究講座【実践編】」



割引制度のご案内(無料で受講することが可能です)

 □ 助成金情報会員に入会すれば無料(午前の部のみ)で受講できます。
 会員サイトにて、動画視聴ができますので遠方の先生にお勧めです。



講 師

深石圭介特別アドバイザー顧問
労務管理事務所 新労社
代表 深石圭介(社会保険労務士)
〒151-0053東京都渋谷区代々木2-23-1-1351
TEL:03-6300-7780 FAX:03-6300-7781
特定社会保険労務士。労務管理事務所 新労社代表。
多くの企業コンサルティング経験を生かし、平成16年の開業以来、雇用関係助成金の申請を中心とした労務管理をベースとして、企業の円滑な労務運営のしくみの追求を行う。助成金に関する講演・執筆の実績が数多い。
また、それに伴う各種労務関係制度の導入にも力を入れている。

著書「すぐにもらえる!雇用関係助成金 申請・手続マニュアル」4訂版
その他 講演「役に立つ!最新の助成金情報と実務」等


お問い合せ先

<受付時間> 平日10:00〜17:00  TEL : 03-3367-7638 
株式会社ヒューマンバリューアソシエイツ(代表:松崎)


留意事項

(講座の録音・録画について)
講座の録音・撮影・講義中の携帯電話やパソコンなどの端末のご使用などはご遠慮下さい。主催者側にて録画・録音をする場合がございます。

(講座の内容・開催について)
タイトル・内容・日時・会場などは、やむを得ない事情により予告なく変更させていただく場合がございます。主催者・講師などの諸事情により開催を中止させていただく場合がございます。 

(キャンセルについて)
キャンセルの場合は、開催日の前日より数えて7営業日前(土日、祝日除く)の午後4時までに上記、主催者セミナー事務局までご連絡下さい。返金に伴う振込手数料を差し引いた金額のご返金とさせていただきます。
開催日の前日より数えて7営業日以後のキャンセルについては、受講料のご返金いたしませんので代理出席でご対応をお願い致します。


エントリーフォーム Entry Form

下記フォームに必要事項をご入力ください。
「送信内容確認」ボタンをクリックすると送信確認画面を表示します。
は必須項目です。

お申込み
項 目
半日(午前午後)コース(一般)
5/22 令和元年「使える助成金実務講座」
一般:10,000円(税別)
半日(午前午後)コース(情報会員)
5/22 令和元年「使える助成金実務講座」
会員:無料(助成金情報会員)
半日(午前午後)コース(塾生)
5/22 令和元年「使える助成金実務講座」
塾生:無料(継続:第7期顧問獲得実践塾)
1日講座コース(一般)お得です
半日:令和元年「使える助成金実務講座」
夕方:助成金のビジネスモデル徹底研究講座【実践編】
一般:15,000円(税別)
1日講座コース(情報会員)
半日:令和元年「使える助成金実務講座」
夕方:助成金のビジネスモデル徹底研究講座【実践編】
会員:7,500円(税込)(助成金情報会員)
1日講座コース(塾生)
半日:令和元年「使える助成金実務講座」
夕方:助成金のビジネスモデル徹底研究講座【実践編】
塾生:無料(継続:第7期顧問獲得実践塾)
支払方法 銀行振込(事前振込)
(5営業日以内に振込をお願いいたします)
事務所名
業 種
社員数
 部署名
お申込み
責任者役職

お申込み
責任者氏名

フルネームでお願いいたします。
受講者1
役職名

お申し込み責任者とご受講者が同一の場合は、
「同上」とご記入下さい。
受講者1
お名前

お申し込み責任者とご受講者が同一の場合は、
「同上」とご記入下さい。
受講者2
役職名
受講者2
お名前

フルネームでお願いいたします。
郵便番号
都道府県
会社住所
市区町村・番地までお願いいたします。
電話番号 (半角数字)
FAX番号 (半角数字)
メール 
アドレス
(半角数字)
メール 
アドレス
(半角数字)
※確認用
お申込みの
きっかけ
当協会メルマガ
深石社労士紹介
萩原社労士メルマガ
松崎社労士メルマガ
メールDM・メール広告
検索エンジン「ヤフー」
検索エンジン「グーグル」
その他
お問合せ
内 容
※振込名義をカタカナでご記入下さい。
ページトップ
ページの終了